2013年12月13日金曜日

非選択的beta受容体遮断薬は筋肉の運動能を低下させる!

スポーツ選手に対して降圧薬としてbeta受容体遮断薬を用いる際、いくつかの要素によってスポーツのパフォーマンスが低下してしまう現象が知られています。病態によってはbeta受容体遮断薬が必須である場合もありますが、そうではなく本態性高血圧のみの場合はbeta受容体遮断薬をスポーツ選手に対しては用いづらい印象があります。古い論文ですが、この現象をヒトに対して筋肉の生検をして検討した報告があります。現在では、倫理面から実行が難しいのではないか?と思いますので、非常に貴重な結果です。


Effect of beta 1-selective and non-selective beta-blockade on work capacity and muscle metabolism.
Clin. Physiol. 1986; 6: 197-207.
P. Kaiser, P.A. Tesch, M. Frisck-Holmberg, A. Juhlin-Dannfelt, L. Kaijser.
PMID: 3006981


以下、抄録の要約。

6人を対象とした、二重盲検クロスオーバー試験。
・プラセボ
 非選択的beta受容体遮断薬であるプロプラノロール 40, 80, 160 mg
 選択的beta1受容体遮断薬であるアテノロール 25, 50, 100 mg
 を投与後に、自転車の最大運動により運動能を計測した。
・プラセボ、80 mgプロプラノロール、50 mgアテノロール投与後の運動後、筋肉の生検を行い、以下の値を測定した。
 ATP, クレアチンリン酸, グルコース-6-リン酸(G6P)、乳酸
・結果として、プロプラノロール投与後が最も運動能が低下し、アテノロールもプラセボ群に比較して低下していた。
・プロプラノロール群とアテノロール群において、プラセボ群よりも低下した数値は以下のもの。
 プロプラ群とアテノロール群で同様に低下した:心拍、Vo2max、ATP、クレアチンリン酸
 プロプラ群のみが顕著に低下した:運動能、G6P


2013年12月3日火曜日

けしの実ケーキでドーピング!?

けしの実ケーキとか、ポピーシードケーキといったものがあります。私も好きなケーキの1つですが、けしの実って・・・!!モルヒネが入っていてドーピング違反になったりしないのでしょうか?それをまじめに検討したのが、本論文です。

Urinary concentrations of morphine and codeine after consumption of poppy seeds.
Thevis M., Opfermann G., Schanzer W.
J. Anal. Toxicol. 2003; 27 (1): 53-56.
PMID: 12587685

以下、抄録と論文内容の要約。

・ポピーシード(けしの実)を使ったケーキが商用で存在する。ドイツでは様々な食べ物に入っていることも。
 グーグルの検索結果
・8つの製造元からポピーシードを購入し、GC-MSにて成分検査を行った。
・7つは、0.6-6.9 micro g/gのモルヒネが検出された。1つは151.6 micro g/gのモルヒネが検出された。コデインの含有量は無視できる量であった。
・一番多かったポピーシードを用いてつくったケーキを9人のボランティアに食してもらい、尿中モルヒネ濃度を検出したところ、以下の結果だった。さらなる詳細は論文に記載あり。
 2 時間後 0.06-2.96 micro g/mL
 4 時間後 0.79-8.36 micro g/mL
  6 時間後 0.93-10.04 micro g/mL
 24時間後 0.40-0.99 micro g/mL
・46時間後または48時間後においても、0.20-0.36 micro g/mLのモルヒネが尿中に検出された。