2013年11月15日金曜日

我が国のアスリートのドーピングへの意識の現状は??

スポーツファーマシストは、日本薬剤師会と日本アンチ・ドーピング機構が認定する、世界で唯一のドーピング薬に関する認定薬剤師資格です。いろいろな方へのアンチ・ドーピングの啓蒙なども期待されています。そのため、我が国においてどのような層がドーピングやアンチ・ドーピングに興味を持っているのかなどの実態調査はほとんどありませんでした。今回の報告は、それに関してで、愛媛県のグループからのものです。

Identification of the role of the sports pharmacist with a model for the prediction of athletes' actions to cope with sickness
T. Yamaguchi, I Horio, R. Aoki, N. Yamashita, M. Tanaka, F. Izushi, Y. Miyauchi, H. Araki
Yakugaku Zasshi 2013; 133: 1249-1259.
PMID: 24189566

以下、論文内容の一部を要約。大変興味深い内容が多くあるので、文献に直接あたるのをおすすめします。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/133/11/133_13-00186/_article

・2011年度国民体育大会出場の愛媛県選手260名、四国インカレ出場予定の大学競技スポーツクラブ所属選手105名の系365名を対象としたドーピングに関するアンケート調査。有効回答数は350件。
・全体として、ドーピング認知度が高く、ドーピングに対しても否定的であった。
男性は女性に比べて、ドーピングに対して関心が高いが、その反面アンチ・ドーピング意識も強い。
 >女性選手は男性選手に比べて闘争心・勝利意欲・自信・判断力が低い反面、自己実現・協調性が高いという報告や、男性のほうが女性よりも冷静な判断・精神的強さが高いなどの報告から説明がつくだろう。
・チーム競技選手よりも個人競技選手の方がアンチ・ドーピングの意識が高い。ただし、今回の調査では個人競技者の方が男性の割合が多いため、性別が交絡因子になっている可能性も。
・ロジスティック回帰分析から、年齢が高いほどドーピングに興味を示すと予測される。
軽症時の対応に関して、おおむね「病院を受診」「常備薬を使用」「何もしない」が多く、「薬局で対応」は、ごく少数。
軽症時の薬剤選択に関して、「広告を参考」が最も多く、ついで「薬剤師に相談」・「低価格」が続く。
・セルフメディケーションを行う理由として、「受診時間がない」が多く、ついで「市販薬で十分」がつづく。
・薬剤選択時の相談サービスについては、過半数以上が利用しない。
アンチ・ドーピングの意識が高いほど、
  「病院を受診」が多い
  「薬剤師に相談」が多い
  「薬の相談サービスを利用する」が多い
 と予測される。


(感想)

我が国においてこのようなきめ細かい、スポーツドーピングに関する調査研究は珍しいのではないでしょうか。調査日時も比較的新しく、今後の活動の指針に影響を与えうるデータであると評価しています。

他のデータとして、アンチ・ドーピング意識の低いアスリートは、OTC薬を購入し勝手にセルフメディケーションをすることが多いと予測されています。まさに"うっかりドーピング"にはまりそうな層です。総論として考えると、アンチ・ドーピングに対する意識を上げることによって、"うっかりドーピング"にはまりそうな層が、「薬剤師に相談」する層へ変わる可能性があるため、薬剤師会・病院薬剤師会・大学薬学部による薬薬薬連携の強化・学校薬剤師などの活動・地域住民との協力によってアンチ・ドーピング意識を向上させることが重要であると、まとめられています。ではアンチ・ドーピング意識を上げるための具体的な施策は?というと、まだまだ難しいのが現状のような気がします。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿