2012年8月8日水曜日

小青竜湯でドーピング?

Elimination of ephedrines in urine following administration of a Sho-seiryu-to preparation.
K.H. Chan, M.C. Hsu, F.A. Chen, K.F. Hsu
J. Anal. Toxicol. 2009;33;162-166.
PMID:19371465

題名:小青竜湯投与後の尿中へのエフェドリンの排泄

小青竜湯は、風邪に用いる伝統的な漢方薬の中でもよく用いられるものの一つである。小青竜湯の成分の一つに麻黄がある。麻黄の主要な成分であるエフェドリンは、WADAリストにより禁止されている。本研究の目的は、小青竜湯服用後の尿中エフェドリンの排泄を検討し、尿のエフェドリン試験が陽性になるかどうかを検出することである。6人のボランティアに小青竜湯2.5gを単回投与した。尿は48時間まで採取した。尿中エフェドリンは、HPLCにより検出し、排泄の半減期を推定した。結果として、エフェドリンとノルプソイドエフェドリン(これもWADAで禁止されている)は、小青竜湯の単回投与後の尿中に検出された。エフェドリンのピーク濃度は、3.88 +/- 1.87 microg/mL (平均+/- SD)であり、これはWADAの閾値(10 microg/mL)を下回っていた。推定された排泄の半減期はそれぞれ以下のとおりだった。エフェドリン, 5.3 +/- 1.2hr; プソイドエフェドリン, 4.9 +/- 0.9hr ;ノルプソイドエフェドリン, 5.4 +/- 1.8hr。以上より、単回の小青竜湯の服用において、尿サンプルではアンチ・ドーピングの規定に抵触しないと結論付けられた。しかしながら、一日3回、三日間の反復投与では、尿中エフェドリンは13.7 microg/mLとなり、陽性となることも明らかとなった。アスリートは、小青竜湯を反復投与する場合は、注意しなければならない。




(感想)

エフェドリンやプソイドエフェドリン、ノルプソイドエフェドリンは、

「エフェドリンとメチルエフェドリン;尿中濃度10μg /mLを超える場合は禁止。
プソイドエフェドリン;尿中濃度150μg /mLを超える場合は禁止。」

とされています。

今回の検討では、それぞれの尿中濃度を測定しています。単回の服用では、エフェドリンやその他の類似物質の濃度は、ヒトにより差はあるもののすべてのサンプルでWADA規定の閾値以下なのでほとんど問題にならないという感じです。
しかし、反復投与ではやはりひっかかる感じですね。エフェドリンの血中半減期は7時間程度で、三日間飲みつづければ、体内においてエフェドリンは薬物動態学的な平衡状態に到達していると考えられます。そのため、この三日間というのは常用した場合と極めて類似の状況を作っていると言えます。いわば、これが血中濃度の最大値として解釈してもよいと思われます。このような日常的な服用では、尿中にWADA規定の閾値以上のエフェドリンが検出されるので厳禁です。尿中半減期が5-6時間であることを考えると、検査一日前から服用中止すれば陽性にはならないのかな?という感じですが、個人差が大きいのでなんともいえません。

あくまでもこれは通常のヒトで行った試験です。エフェドリンは塩基性化合物であるため、尿が酸性化することによりイオン型が増えて、尿中排泄が促進されます。また、肉食や運動直後の尿のpHは酸性に傾くことが多いことが知られています。ですので、アスリートでは多少尿中排泄が早いのかもしれません。アスリートにおいても同じ薬物動態をとるのかは、さらに検討する価値があると思いました。

ただ、少なくともエフェドリンに関しては、3~4日あければ全く問題ない!と自信を持って言えそうです。もちろんアスリートの腎機能等も考慮に入れる必要があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿