2012年5月12日土曜日

ムスクでドーピング?

伝統的なチャイニーズドラッグ(漢方など)とスポーツ薬物試験:ドーピングコントロールされた
尿サンプルにおけるMusk pod(コウノウ、香嚢)からのnatural steroidの検出
Traditional Chinese medicine and sports drug testing: identification of natural steroid administration in doping control urine samples resulting from musk (pod) extracts.
Thevis M, Schänzer W, Geyer H, Thieme D, Grosse J, Rautenberg C, Flenker U, Beuck S, Thomas A, Holland R, Dvorak J.
Br J Sports Med. 2012;47:109-114.
PMID:22554845



題名:伝統的な中国の薬とスポーツドーピング検査:尿サンプルのドーピング検査における
ムスク抽出液摂取による自然に存在するステロイドの摂取

ムスク抽出液(雄のジャッコウジカの包皮腺分泌液やそれを粉末化したものを抽出し得られる成分)の
投与は、Traditional Chinese Medicineにおいて推奨され、日本において心血管刺激や抗炎症作用、
男性ホルモン療法に利用されるものとして薬局方に記載されている。数十年に渡る検討により、
muskのnaturalな成分として、cholesterol, 5alpha-androstane-3, 17-dione, 5beta-androstane-3, 17-
dione, androsterone, etiocholanolone, epiandrosterone, 3beta-hydroxy-androst-5-en-17one, 
androst-4-ene-3, 17-dioneや尿中代謝産物の3alpha-ureido^androst-4-en-17-oneが
同定されてきている。これらは、エリートアスリートがmuskを用いた場合、ドーピングコントロールの
問題があるということを示唆している。本研究では、国際スポーツ大会レベルの5人の女性選手に
対してmusk抽出液を用いた場合のスポーツ薬物試験への影響を検討した。通常行うような
isotope-ratio mass spectrometryによる結果を得た。アスリートのメディカルアドバイザーは、
Traditional Chinese Medicineに基づいたmusk podの処方を許可し、アンチ・ドーピング規則に
違反するかどうかを解明するためにmusk podを提供した。ステロイドプロファイル、
isotope-ratio mass spectrometryの結果、文献調査、動物園にいるジャッコウジカから得られた
muskサンプルの調査の結果、musk podを使用することによってすべてのケースにおいて、
禁止薬物であるAAS(anabolic androgenic steroids)が投与されたのと同様に、ドーピング規則に
違反していることが示された。



(感想)

ムスクのようなものでも、ドーピングに違反するケースがあるようです。成分から考えてかなり
ドーピングにひっかかりそうなものではありますが、実際のデータとして発表されたということで、
説得力が出ます。やはり、漢方薬は難しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿